ふやかし

ドッグフードを食べない場合

愛犬がドッグフードを食べないと病気やトラブルの心配をする人もいるでしょう。
しかし、食べないのには様々な理由がありそれに応じて対応策も異なります。

たとえば、新しいフードに切り替えた場合があります。
犬は警戒心が強いためいつもとフードの匂いが違うと食べません。
また、胃腸も敏感でお腹を壊すことがあります。
そのため、フードを切り替えたい時には今食べているものと新しいものとを少しずつ混ぜて与え慣らしていく必要があります。

他にはおやつや拾い食いなどで美味しいものを知ってしまい本来の自分の食事を食べたがらない場合もあります。
このような場合、ドッグフードを食べないと不安になっておやつを与えてしまったり欲しがるものを与えてしまう人もいます。
これは決してしてはならないことです。
犬は一日食事を摂らなくても死なないように体ができています。

そのため、ワガママが理由で食べない時は待っていても他のものが出てこないことを学習させる必要があります。
他のものは与えずドッグフードだけを与えましょう。
また、その時に気が向いたら食べるようにフードを置いたままにはせず一定時間おいたらしまうようにしましょう。
出されているうちに食べなければならないと学習すればワガママもなくなります。

もちろん、これ以外に体調不良で食が進まない時もあります。
体調不良化そうでないかは、食事以外の様子とトータルで判断するようにしましょう。
たとえば、おなかの調子が悪かったり元気がなくずっと寝ていたり、鼻が乾いていると体調不良を疑いましょう。
そのような場合には素人判断ではなく医師に診てもらいましょう。

犬は話すことができないですし人間よりも体が小さいため、体調不良の場合は早期診断で原因を探ることが大切です。
そのためにも毎日の食事の前後の様子は必ず確認しておきましょう。
たとえば食事の支度をしはじめても興味を示さない、とか少し残すようになったといった小さいサインに気づけるかもしれません。
食べなくなってからでは手遅れのこともありますから毎日の様子を確認する習慣をつけておきましょう。

Copyright(C) 2013 大切なワンちゃんのために All Rights Reserved.