ふやかし

ドッグフードと人間の味覚の詳細

誰もが一度は愛犬が食事をする様子を見て『ドッグフードっておいしいのかな』と思ったことがあるでしょう。
そして、中には少し食べてみたことのある人もいるでしょう。
食べたことのある多くの人が言うことが『ドッグフードっておいしくない』ということです。
毎日犬は喜んでドッグフードを食べるわけですから、犬にとってはドッグフードは美味しいのです。
人間が食べておいしく感じないのは犬と人間とは味覚や食べ物の認知に違いがあるからなのです。

まず、犬は味ではなく匂いで食べ物の好みを決めます。
犬は、いつもと違う食べ物が出された場合、すぐには食べようとしません。
これは、犬は嗅覚で食べ物を判断しているため、いつもと匂いが違うと警戒するためです。
いつものフードなのに食いつきが悪いとき、お湯でふやかすと食べる場合があります。
これも嗅覚と関係していて、お湯でふやかすことで湯気が立ちドライフードよりも風味が感じられ美味しそうに思うのです。
それでもなかなか食べてくれない時は、http://www.adventtrilogy.com/syokuyoku.htmlに載っているような工夫をしてみると良いでしょう。
犬は人間よりも嗅覚が長けているため、匂いで食べ物を判断するのです。

嗅覚が長けている分、味覚については少し鈍めです。
犬はあまり味を感じることがありません。
そのため、犬の食事には特に味付けの必要がなく、素材の味のみで十分なのです。
人間が食べてもおいしく感じないのはこのように味付けがされていないためなのです。
なんだか味気なくてかわいそうという方は、ドッグフードにかけてあげるふりかけなども売っていますので、そういったふりかけをかけてあげても良いのではないでしょうか。

そして、ドライフードよりもウェットフードを犬が好むのは水分を含むことで味覚を感じやすくなるためです。
ですから、手作りフードを作る際には味付けの必要はなく、素材を煮込むだけでよいのです。

また、犬は味覚が鈍感なため味が濃いと美味しいと勘違いして食べます。
しかし、塩分は犬にとってあまり良いものではありません。
それは犬は汗をかかないため塩分を排出することが苦手なためです。
塩分過多になると人間も病気になりますが、犬は少しの塩でも病気の原因になる可能性があるのです。
そのため、人間の食事を犬に与えることは危険なのです。

Copyright(C) 2013 大切なワンちゃんのために All Rights Reserved.