ふやかし

無添加ドッグフードを人が食べることに関して

近年のペットブームでペット産業にたくさんの企業が参入してきました。
そのおかげでたくさんのペット商品が販売されるようになり、ドッグフードも様々なものが販売されるようになりました。
しかし、ペット産業がお金になると考え悪徳企業も中には参入していたのです。
なぜなら、ペットフードには人間の食べ物ほどきちんとした規定がなかったためです。

残念ながら、規定がないのをいいことに悪質なドッグフードを作って販売した業者もありました。
4Dミートと言われる人間が決して食べないような肉を使っていた例もあります。
また、たくさんの添加物を使って風味をつけたり味を濃くして犬の食いつきをよくしていた例もあります。
このようなことから、2009年に規制ができましたがまだまだ人間ほど厳しくありません。
そこで、飼い主が愛犬の健康を守るため、ドッグフードをきちんと選ぶ必要があるのです。

ドッグフードを選ぶ際に、人間のように無添加フードを選ぶ人も増えています。
添加物が全て悪いわけではもちろんありません。
添加物の一つ出であるビタミンCは天然成分から抽出されているので安全なものと言えます。
しかし、安全なものとそうでない添加物とを覚えておくことも難しいですし、それに加えて安全な量まで覚えるのはかなり大変なことです。
そのため、安全性を求めて無添加フードを購入する人が多いのです。

無添加ということは添加物の使用がされていません。
そのため、人間も食べられる添加物が使われているかとか安全基準量を満たしているかなどを確認する必要がありません。
ですから食べるかどうかは別としても、無添加フードは人間が食べても害がないと言えます。

まだ、完全な研究結果が出ていませんが、人間の食事でも添加物の多量摂取はがんなどの病気を引き起こす一因とも言われています。
人間より体の小さい犬にはさらに危険なものと考えられます。
愛犬の健康のためにも、極力危険な可能性のあるものは避けたいものです。
そのためにも人間が食べても害がないものを選んであげましょう。

ドッグフードと言えば、ペットショップやスーパー、コンビニ、インターネットなど、現在ではいろんな所で購入することができます。
手軽に購入できるようになったのはと良いのですが、商品数も多くなったことによりどれを選べばよいのかわからないという飼い主さんも増えているでしょう。
値段もピンからキリまでありますし、含まれている素材の質もバラバラです。
そんな時、あなたならどこに注目して購入しますか?
一番商品を比較しやすいポイントは値段なので、多くの方は値段で決めているのではないでしょうか?
多くのドッグフードの中から愛犬に合った商品を見つけるためのポイントは、値段ではなく含まれている栄養素や添加物の量です。
今まで値段重視で買っていた方は、しっかりと含まれている成分一覧を見てから決めるようにしましょう。
愛犬が健康でいられるかどうかは毎日の食事で決まります。
粗悪品ばかりあげていると、体に悪影響を及ぼしかねませんので注意しましょう。

Copyright(C) 2013 大切なワンちゃんのために All Rights Reserved.