ふやかし

国産ドッグフードの選択

わたしたちは『国産』という言葉は安全なものの目印と思いがちです。
たしかに、人間の食事では国産食材を選ぶ方が安全と言われています。
しかし、ドッグフードは国産という表記以外に注目する必要があります。

まず『国産』ということが何を指しているのかを確認しましょう。
国産という表記には二つの意味があります。
『国産原料使用』という意味と『国内工場生産』という意味です。
国産と書いているフードの中には『国産工場生産』だけの意味で『国産』と書いていたりどちらかのみの場合があります。
これは、私たちが期待している国産フードとは異なるので注意しましょう。

『国産原料使用』という表記しかない場合は製造は他の国でしている可能性があります。
ですから生産国についても確認が必要です。
また『国内工場生産』と言う表記しかない場合には原材料は外国のものを使用している可能性があります。

そのため、原材料の仕入れ先を確認する必要があります。
このように、どちらかのみの表記しかない場合には日本のみでなくどこかの国でも加工をしている可能性があるのです。
ドッグフードを作るときには、添加物などの規定はその国の規定に従って作ります。

ですから原材料の加工やドッグフードの製造を外国で行うとその国の製造規定で決められた量の添加物が使用されている可能性があるのです。
国によっては日本よりも規定が少ない国も添加物の上限量が多い国もあります。
そのため、国産と言う表記があるのに私たちが思っているほど安全ではない可能性があるのです。
ですから、私たちが購入時にイメージする国産フードを購入するときには国産原料使用、国内工場加工という二つの表記があるものを選びましょう。

また、もう一つ気を付けるべき点があります。
それは日本が決してペット先進国ではないと言うことです。
ペット文化はアメリカやオーストラリアの方が歴史が長く、ドッグフードの研究もこれらの国の方が進んでいます。

そのため、人によっては国産フードよりもアメリカなどの外国のものを好んで購入する人もいます。
もちろん、外国産のドッグフードにも粗悪なものだってあります。
工場を見学して購入できるフードはありませんから、自分で情報収集をして信用できるフードを選ぶことが大切です。

こちらではスローフードhttp://www.supreme-directory.com/nih.htmlというものが紹介されています。
日本にいるわんちゃんに合わせて作られたスローフードで愛犬の健康をキープしてあげましょう。

Copyright(C) 2013 大切なワンちゃんのために All Rights Reserved.