ふやかし

犬種によってドッグフードの好みの詳細

人間は住んでいる国によって食べるものや好みが違います。
犬の場合には犬種によって好みは違うものなのでしょうか。

人によって好き嫌いがあるように犬にもそれぞれの好き嫌いはあります。
おやつは特に良い例で、ガム系のものを全く食べない犬もいれば好んで食べる犬もいます。
特にガムにジャーキーが巻かれたものだとジャーキーは食べるけれどもガムは食べないという犬が多いです。

これは、犬が『食べにくい』ものを嫌がる傾向にあるからです。
ストレス発散のために堅いガムを噛ませたり、歯磨きガムを噛ませる家庭もあるでしょう。
しかし、堅いものは食べにくいものと判断され食べない犬も多いのです。

基本的に犬は味ではなく匂いで好き嫌いを判断すると言われています。
人間よりも嗅覚が優れているためまずは食べ物の匂いが気になるのです。
味にも好みがありますが、味覚は人間よりも鈍いです。
そのため、甘味や濃い味を好む傾向があります。

犬は塩分の消化が苦手なため、ドッグフードは薄味です。
しかし、粗悪な肉を使っていたり安くドッグフードを作る場合には食いつきを良くするために添加物を多用しています。
粗悪な原料をごまかすために、添加物で風味や味を付けることで犬の食いつきを良くしています。
味の濃いものを好むからといって、このような味付けをしたものを与える必要はありません。
素材そのものにしっかり味がついているものであれば好んで食べます。

こういった好みは犬種による差と言うよりは犬の個体差によると考えたほうがよいでしょう。
犬種による違いより、身体の大きさやその犬の好き嫌いで食べ物の好みが変わるということです。
一般的に最初に食べたものが安心感があり安定して食べるというふうに言われます。
年齢やアレルギー、肥満などの理由でフードを変えたい時には少しずつ混ぜて与えて様子を見ましょう。

また、あまり気に入らず食べないことも考えられます。
最近では試供品が配布されているドッグフードもありますし、お試し用の小分けパックも販売されています。
まずはこういったものを試してから本格的にフードを変えることもおすすめです。

Copyright(C) 2013 大切なワンちゃんのために All Rights Reserved.