ふやかし

ドッグフードを賢く選ぶ

人間も犬も元気で長生きするためには食事はとても大切です。
私たち人間の食事でも賞味期限切れの食材で作った食品が販売されていたり、産地が偽装されていたりといった食の安全の問題が話題になりました。
このような問題がドッグフードでも起こっており、人間の食事よりも深刻と言われています。

日本のペットのフードへの法律の規制はまだまだ緩いです。
そのため、人間に使用が禁止されている農薬や添加物が使用されていることもあります。
また、4Dミートと言って人間が絶対に口にしないような粗悪品の肉を添加物で味をごまかして使っていると言う例もあります。
このようなことから、愛犬の健康を守るためには賢くドッグフードを選ばなければなりません。

では、どうやって安心安全なドッグフードを選べばよいのでしょう。
まずは品質表示をしっかり確認することが大切です。
製造がどこでされているのか、原材料はどこのものか、といった製品情報を見てみましょう。
原材料の加工も製造もその国のルールの元行います。
そのため、ペットの法律がしっかりしている国の製造や加工であれば安心と言えます。

そして、添加物についても知識を深めておく必要があります。
しかし、添加物は名前が長く覚えられない人もいるでしょう。
そのような時には賞味期限を見るようにしましょう。

賞味期限が長ければそれだけ添加物が多いと言う一つの指標になります。
もちろん、添加物の中にも安全なものもあります。
そこで、詳しいことを知りたい時には企業のホームページを見てみましょう。
企業によっては製造過程や原材料について詳細な記述がされているものもあります。

最後に、輸入されてきたフードの場合は輸入方法についても確認しましょう。
インターネット通販などで購入すると店舗よりも大幅に安い外国製のフードがあります。
これは、並行輸入の可能性が高いです。
輸入方法には並行輸入と正規輸入とがあります。

正規輸入はメーカーが正規のルートで輸入するため品質管理が徹底しており商品が劣化することなく輸入されています。
並行輸入は他の製品と合わせて輸入する方法です。
そのため、温度管理がされていなかったり航路で熱帯地域を通ったりすることもあり品質が劣化している可能性もあります。
ですから、輸入ドッグフードを購入する場合にはできれば正規輸入のものを選ぶ方がよいでしょう。

ドッグフードには犬種に合わせて作られている商品と、全犬種に合うように作られている商品などがあります。
犬種別の場合は、その犬種ごとの特徴に合わせて栄養素が配合されていますので良いのですが、多くの犬種向けの商品だと栄養素が十分に足りない可能性があります。
そういったときには、犬用のサプリメントやhttp://oidemasenavi.main.jp/hit.htmlで紹介されているようなおやつタイプで、不足している栄養素を補ってあげましょう。

Copyright(C) 2013 大切なワンちゃんのために All Rights Reserved.