ふやかし

ドッグフードで愛犬を健康に

人間にとっても犬にとっても食事は体を作る大切なものです。
愛犬に長生きしてほしいと願うならば、良質な食事を心がけるべきです。
では、どのようなドッグフードを選べばよいのでしょうか。

たくさんの商品が販売され、販売店では種類も値段も豊富にあります。
購入するときには必ず品質表示のラベルを確認しましょう。
高いものにも安いものにもそれなりの理由があるためです。

価格、使われている肉の種類、栄養バランス、穀物類の使用、農薬や添加物の使用を確認することが大切です。
ドッグフードのメインとなる成分はタンパク質です。
基本的にはタンパク質は肉類から摂ることになっています。

しかし、安価なドッグフードの場合には肉を減らし大豆などでタンパク質を補うものがあります。
大豆自体は犬の健康に良いものですが、柔らかくしなければ消化不良を起こしてしまいます。
特に、大豆ミートと呼ばれるものは避けるようにしましょう。
これは大豆の搾りかすを指すため、大豆の栄養はほとんどなく、繊維質のみになります。

そのため必要な栄養が補えないだけでなく消化に負担がかかります。
肉類のみでタンパク質を構成していても粗悪な肉を使っていることもあります。
このようなものは発色剤や香料などたくさんの添加物を使って食べられる状態に加工します。
そのため、体に良いものとは言えません。
できるだけ、人間の食の基準と同等の肉を使用したものを選びましょう。

また、食事だけでなく食べるときや食後の様子も確認しておきましょう。
食いつきが悪い場合は体調不良のサインの可能性もあります。
食後、下痢が続けばアレルギーの可能性もあります。

アレルギーは人間同様に犬によって様々なもので反応が出ます。
肉類でも牛肉が駄目なこともありますし、大豆など穀類が苦手なこともあります。
農薬や添加物アレルギーのこともあります。

全く受け付けないわけでなく、配合が異なり少し量が増えると駄目なこともあります。
そのため、フードによって食べられないこともあります。
アレルギーは場合によっては命の危険もありますから、疑わしい場合には病院で検査をしてもらいましょう。

Copyright(C) 2013 大切なワンちゃんのために All Rights Reserved.