ふやかし

ドッグフードで歯の健康を保つ

犬の歯のケアはとても大切と言われています。
犬の歯医者の数は少なく、虫歯や歯周病になると一般的な動物病院では処置ができず抜けてしまうこともあります。
犬の歯は人間のものよりも小さいですから処置が難しいですし、処置には全身麻酔が必要です。
このように大がかりな処置が必要なため、なかなか治療をすることはできないのです。
そこで、日常のケアがとても大切と言われるのです。

自宅でできる日常的なケアの代表は歯磨きや歯磨きガムです。
犬は歯を見せるのを嫌うためなかなか歯磨きをさせてくれません。
また、歯磨きガムも与えすぎるとカロリーの摂りすぎになることもありますし、犬によって好き嫌いもあります。
そのため歯磨きがうまくいかないと悩んでいる飼い主は少なくありません。

そこで最近では歯磨き効果が得られるドッグフードが販売されています。
このような種類のものは食べることで歯垢を取ってくれたり歯に汚れが付きにくい工夫がされています。
もちろん、これらは食べても害がないものですから安心して与えられます。
愛犬が歯磨きをさせてくれない場合、このようなドッグフードを与えることも検討してみましょう。

もちろん、犬によってドッグフードの好みがありますからこのようなものに変えるのが難しいこともあります。
また、犬は突然フードの種類が変わると警戒して食べないこともあります。
そこで、与えるときには普段食べなれているフードに少しずつ混ぜて与えてみましょう。
しばらく歯磨きタイプのフードを増やしながら与えてみて問題なさそうであれば切り替えても大丈夫です。

栄養バランスや品質、価格もすべて満足できる場合は歯磨きタイプに完全に切り替えて問題ありません。
しかし、栄養面や価格でうまく折り合いがつけられない場合はフードを混ぜて与えることも可能です。
たとえば、ダイエット中でカロリーを下げたければ歯磨きタイプと低カロリーフードを混ぜて与えても良いのです。
食事は体を作る大切なものですから、カロリー調整や栄養バランスの面で心配があるようでしたら医師に相談の上決めるようにしましょう。
動物病院が推奨するドッグフードに切り替えることで愛犬をいつまでも健康でいさせてあげましょう。

Copyright(C) 2013 大切なワンちゃんのために All Rights Reserved.